めろいかる☆じぇねれいしょん

水樹奈々を追っかけたり、フィギュアで遊んだりするブログ。 黒歴史予定地

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

続 水樹奈々 NANA MIZUKI LIVE GAMES 二日分まとめて

水樹奈々 NANA MIZUKI LIVE GAMES 二日分まとめて の続き。

つぎは二日目、青の日のレポ。

NANA MIZUKI LIVE GAMES BLUE STAGE
01 Orchestral Fantasia
02 DRAGONIA
03 SEVEN
04 What cheer?
05 SCOOP SCOPE
06 Late Summer Tale
07 Young Alive!
08 JET PARK
09 夏恋模様
10 ray of change
11 Nocturn-revision-
12 POWER GATE
13 ハートキャッチ☆パラダイス
14 DISCOTHEQUE
15 (TIME TO IMPACT EXCITER) NEXT ARCADIA
16 SECRET AMBITION
17 PROTECTION
18 ミュステリオン
19 Pray
20 Don't be long
21 PHANTOM MINDS
- アンコール -
22 恋の抑止力-type EXCITER-
23 chronicle of sky
24 蒼き光の果て-ULTIMATE MODE-
25 ETERNAL BLAZE
- Wアンコール -
26 7月7日

一日目の RED STAGE からセットリストが11曲変化、
さらにダブルアンコールも追加。
今回のライブと同じように 2days 公演だった、
2008年の LIVE FIGHTER では、セットリストの変化が10曲でしたから、
その記録を更新。それだけに演者の負担も大きかったと思われます。

赤の日のクッソ暑さに比べ、多少過ごしやすく、
アリーナ席でも風がよく通り、
昨日の熱中症のような症状も現れず、
何より、客席のノリの良さがずっと良かった気がします。
グッズ販売の行列の進みが速かったため、
スタミナ切れを起こしている人が少なかった、というのもあるかもしれません。

6曲目の「Late Summer Tale」
はおそらく、LIVE UNIVERSE 以来。
UNIVERSE 参加しなかった(激しく後悔)おいらはライブで初めて。
ド直球の夏ソングですので、
去年の LIVE DIAMOND で来ると予想してて来なかった曲。んで今きた。
やはりハイユニ収録曲は総じて、夏によく合いますなぁ。
欲を言えば残光のガイアも聞きたかった!!
(チームヨーダ紹介時にリミックス版が流れてたけど。あれは良いものだった!)


お奈々ちゃんがキュアブロッサムっぽい衣装に着替え、
(30でプリキュアの格好しても良いじゃん!奈々ちゃんだもん!痛くねえよ!)

お奈々「この曲は、私ひとりでは歌えません…!」

オラぁ!!キタキタァ!!昨日と同じ流れ!
昨日夜更かしして、ハトプリのエンディング無限リピート再生して、
しっかりダンスの予習してきましたけど何か(キリッ

ちびっこダンサーズと、
希望ヶ花市からお越し下さったキュアブロッサムさんとキュアマリンさん登場!
(どんなのかは、前日分の記事の動画参照)
うおおおおおえりか様ー!!俺のハートもキャッチしてくれぁあああ!!!

お奈々「特別ゲスト、キュアマリン役の、水沢史絵ちゃんっ!」

えりか様の中の人もキタァーッ!!!!
少し恥ずかしそうな水沢さん。もちろんキュアマリンの格好して。
こういうの慣れていないだろうしなぁ…。
プリキュアの格好させられて、3万人の前に立てって言われたら、なぁ…。


久々の「SECRET AMBITION」から、
「Pray」、「Don't be long」と、
“なのは曲”が続き、会場内の熱気は最高潮に。
みんなフェイトちゃん愛してるなぁ。
だが、少しウルトラオレンジ多すぎやしねぇか…。

そしてとどめは、
お奈々「最後の曲は、歌詞の中に“蒼”という言葉が出てきて、」
お奈々「今日の "BLUE STAGE" にぴったりかと思います。」
お奈々「みんなから1位をもらった、この曲! PHANTOM MINDS!」
キタッ!昨日無かったのは、今日の為だったのか!
んで…、あちこちで折られるウルトラオレンジ!!まっぶし!!
ちょ…、
奈々ちゃんが、わざわざ「蒼く澄んだ~」のところに触れたんだからさ、

麻呂は「そこは空気読んで、青いライト振ろうぜ」と思いました。
思っているだけで、要求はしている訳ではありません。
しかし、麻呂は「そこは空気読んで、青いライト振ろうぜ」と思っていたのでした。



アンコールからは、
奈々ちゃんが歌いながらふしぎなおどりを踊ることで好評の、
「chronicle of sky」
そしてひとつ前のアルバムから、「蒼き光の果て-ULTIMATE MODE-」
前者は空の青色、後者は曲名からそのまま、
どちらも "BLUE STAGE" に合った曲だと思います。
やはりそれなりに、青っぽい曲を意識して選曲している様ですね。

アンコール最後は、またしっとり曲で締める...と思いきや「ETERNAL BLAZE」!!
おそらく、客席みんな、今日はもうエタブレ無いだろうなぁ、と思ってたはず!
だからかどうかは知らないけれど、いつものエタブレより、
オレンジのサイリウムが少なかった感じがしました。みんな使い切ったか。
いつもより青ライトを振る人の割合が多い(あくまで「気がする」)エタブレ。
うぅん、やっぱりこっちの方が正しい姿だと思うんだけどな…
ウルトラオレンジってのは、あれは最終兵器みたいなものであって、
乱発するもんじゃないっすよ。と麻呂は思いました。


水樹奈々に!カカッテコーイ!!も終わり、
全てが終わった… 俺の夏も… 終わった…
と燃え尽きる間も与えず!
再び、暗転する会場!
これは… 
ダブルアンコール来るぞ…!いいのか!?昨日は無かったぞ!!?

お奈々「やっぱりまだ、帰りたくないよね!」
奇遇だな俺も同じだ…!!

お奈々「スペシャルゲスト呼んでます、上松美香ちゃんっ!」
上松(妹)、ライブ出現率高ぇッ!
ということは、もう、あの七夕の曲しかないですね。
紅白の曲は、以前にもやったし。

お奈々「この曲は、美香ちゃんと、いつかこういう事やりたいねーって話してて」
一緒に九州の温泉に行った時の話ですね…!
いっしょに温泉…百合的な意味でハァハァ


最後の最後の曲「7月7日」は、
上松さんのアルパの音と、お奈々ちゃんの声だけで、
静かなんだけれど、余計に奈々ちゃんの声が響いて、
もう、鳥肌が立つやら、
涙腺がぶっ壊れるやら、
まともにペンライトも振れず、
ただ、つっ立ってボロボロ泣く、やだ私何書いちゃってるんだろう…!

よく見渡したわけではないけど、
この時だけは、みんな青ライトを振り、(やれば出来るじゃんおまいら!)
最後は「うぇーい!ひゅーっ!」な歓声でなくて、
とても大きな拍手で締まりました。おまいら俺の涙を枯らす気か。


てな感じの、BLUE STAGE でした。
みんなで赤い色のペンライトで統一するのも楽しいけど、
やっぱり水樹ライブといえば、青ですよ青!
花道を歩く奈々ちゃんが青い海の上を歩いている様で、幻想的で、
なんか、こう、 …すてきやん!!



さらに!なんと昨日の「重大発表」は、まだほんの小手調べであったのだ!

◆ NANA CLIPS 5 発売決定! ◆
◆ 中野サンプラザで座長公演2! ◆

に加え、

◆ 水樹奈々初!自伝書が出ます! ◆

おぉっ!なんか芸能人みたい!いや声優もひとつの芸能人だけど!!

お奈々「みんなへのありがとうの気持ちとかを書き貯めてて、」
お奈々「出版社の人が、それ本にしないかって。」
なんて… ええ子やねん!!(信者乙
買うぜー何冊でも超買うぜ!!
明日、専用の本棚コーナンで買ってくるぜ!


◆ フルオーケストラ コンサートやります! ◆

お奈々「日程は…」 ぉおおおぉおお!?
お奈々「1月、22と23日!」 ぉ…おぉおおおおお!!!(誕生日の翌日から!)

お奈々「場所は、」 おおぉぉぉおおおッ!!?
お奈々「横浜アリーナで!」 おおおお!!ばんざーい!ばn(略

横浜アリーナ、…ゴクリ
またチケットが抽選にならなければいいけど…

フルオケのコンサートってどんなのだろうか、
じっと座って聴くのかなぁ…
それもたまには良いなぁ。


あれっ
お奈々さんよ、Academyの映像化については...!?


テーマ:声優 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/07/28(水) 23:00:02|
  2. 水樹奈々様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。